読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語でドラマが見たい!

I want to watch TV dramas and Movies in English!

Notting Hill ノッティングヒルの恋人

f:id:sunarin1:20160810181620j:plain

あらすじ

アナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)は、世界一有名なスター女優。一方、ウィリアム・タッカー(ヒュー・グラント)は、古くて味のある街、ノッティングヒルで旅行書専門の書店の営む、まったく普通の男。そんな二人が出会い、非常に困難な問題に直面する。全世界が注目する中で、恋愛することはできるのか?
主演: ジュリア・ロバーツ, ヒュー・グラント, ヒュー・ボネヴィル(アマゾンビデオより)

 舞台はロンドン西部にあるノッティングヒル

英語の先生にDVDをお借りして見ました。ロマンティックなラブストーリーかと思っていたのですが、コメディとしてもすごく笑える作品だと思います。イギリス人とアメリカ人の違いなども描かれていて面白い(細かくはわからないですが)。1999年の映画でジュリア・ロバーツヒュー・グラントとも若く美しく目の保養にもなりました。

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

ウィリアムがはじめてアナと出会った日の別れ際に

WILLIAM : So... it was nice to meet you. Surreal but, um-- but nice.

ウィリアム:ええと...君と会えてよかった。非現実的だけど、いいね。

ウィリアムとアナが自宅に一緒にいる所に大勢のパパラッチが来てしまい...

WILLIAM : Today's newspapers will be lining tomorrow's wastepaper bin.

ウィリアム:今日の新聞は、明日のクズかご行きだ。

ANNA : Excuse me?

アナ:なんですって?

WILLIAM : You know ... it's just one day. Today's papers will all have been thrown out.

ウィリアム:つまり…ただの一日さ。今日の新聞はすべて投げ捨てられる。

ANNA : You really don't get it. This story would be filed. Every time anyone writes anything about me, they'll dig up these photos. Newspapers last forever. I'll regret this forever.

アナ:あなたは本当にわかってないのね。この話はファイルされる。毎回誰かが私について記事を書くたび、彼らはこれらの写真を探し出してくる。新聞は永遠に続くの。私はこの事を永遠に後悔するわ。

WILLIAM : Right. Right. I will feel the opposite, if that's okay by you, and, always be glad that you came to stay. But, you're probably right. You better go.

ウィリアム:そうだね。その通りだ。(でも)僕は逆に感じるよ。もし君がよければ(だけど)、そして君が来て一緒に過ごした事をいつも嬉しく思うだろう。でも、たぶん君が正しい。もう帰った方がいい。

MEMO

surreal 非現実的な

wastepaper bin くずかご

名探偵ポワロ (6) 砂に書かれた三角形 Triangle at Rhodes

f:id:sunarin1:20160719132058j:plain

あらすじ

ポワロはギリシャロードス島で休暇を過ごしていた。同宿に滞在する夫婦たちのもつれた人間関係が引き起こす殺人事件。その裏に隠された真実をポワロが解き明かす(アマゾンビデオより)

 舞台はギリシャロードス島、今回の相棒はパメラ

今回はヘイスティングスやミス・レモンは登場せず、ギリシャのリゾート地で出会った好奇心旺盛の女性パメラが助手のような役割をしています。

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

ギリシャロードス島の小高い山を登って高台へ向かうポワロたち

Poirot : C'est magnique!

ポワロ:なんと素晴らしい(景色だ)!

Pamela : Here it is! ... Look! look! a snake!

パメラ:ここね!…見て!見て!(地面に)蛇がいる!

Mrs.Chantry : How beautiful.

チャントリー夫人:何て美しい。

Mr.Chantry : Be careful.

チャントリー氏:気をつけて。

Mrs.Gold : I don't like it here, I think we should go back.

ゴールド夫人:ここは好きじゃない。みんな戻った方がいいと思うわ。

Mr.Gold : Damn place. It isn't safe to walk in.

ゴールド氏:ひどい場所だ。歩いていくのは安全じゃない。

Mrs.Chantry : They're everywhere.

チャントリー夫人:蛇があちこちにいるわ。

Pamela : In the old days Rhodes was known as the Island of Snakes.

パメラ:昔、ロードスは蛇の島として知られていたのよ。

Mrs.Chantry : You can see the markings so clearly.

チャントリー夫人:蛇の模様がはっきり見えるわね。

Poirot : As a warning, madam. Nature gives to the quarry of the viper a chance
to identify his attacker. If every killer was as clearly marked, I would be without a job.

ポワロ:警告ですよ、マダム。自然は毒蛇獲物に、それが敵だとわかる機会を与えてくれている。もしすべての殺人者に印がはっきりついていたら、私の仕事はなくなるだろう。

 Memo

quarry (狩りの)獲物

viper 毒蛇

名探偵ポワロ (5) 4階の部屋 The third floor flat  

f:id:sunarin1:20160712133912j:plain

あらすじ

夜遅くアパート内で物音が聞こえた。それは、ポワロの部屋の下の階に住むパトリシアの婚約者ドノバンと友人のジミーが荷物用エレベーターを使う音だった。アパートの鍵がなくなって、パトリシアの部屋にもぐり込むためだったのだが、間違った部屋に入ってしまった二人は、その部屋に横たわる死体を発見する。最近、暇を持て余し気味だったポワロは、そのアパートの階下で起きた殺人事件に挑む。(アマゾンビデオより)

イギリス英語でいう3階は、日本では4階

イギリスでは、1階は the ground floor、そしてその上の2階は the first floor といいます。というわけでタイトルの "The third floor ~" は『4階の~』となっています。

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

風邪をひいたポワロ、ポストに手紙を投函した後に

Hastings : How's the cold, old boy?

ヘイスティングス:(愛車に乗ってクラクションを鳴らす)風邪はどうだい?

Poirot : And also are trying to give me the heart attack? I would not be surprised
if riding in that car was not responsible for my present malady.

ポワロ:(クラクションに驚いて)そしてまた私に心臓発作を起こさせようとしているのかい?その車に乗ったことが私の今の風邪(病気)の原因でなかったら私は驚かないだろう(→日本語字幕:風邪をひいたのもその車に乗ったせいだ)

Hastings : She's much too of a lady to give anyone a cold. She’s running like a bird
since I fitted those new gaskets.

ヘイスティングス:彼女(ヘイスティングの愛車)は誰かに風邪をひかせるにはあまりにレディ過ぎるよ。新しいガスケット(車の部品)を合わせてから彼女は鳥のように走るんだ。

Poirot : Birds do not run, Hastings. When you were little you should have paid more
attention to your lessons in biology.

ポワロ:鳥は走らない、ヘイスティングス。子供の時、君は生物学の授業中もっと注意を払うべきだった。

Hastings : You're really in a bad way, aren't you?

ヘイスティングス:本当に調子が悪いんじゃないか?

Poirot : Well, my friend, as one approaches the end, one begins to see life as it truly is.

ポワロ:ああ、友よ、風邪が終りに近づくと同時に、またそれがまさにそのようにあらわれ始める(→日本語訳:治りかけたと思うと次の風邪がやってくる)

Hasitings : Don't worry. I've got something that'll cheer you up.

ヘイスティングス:心配ない。君を元気にするものを持ってるよ。

Poirot : Really?

ポワロ:本当に?

Hastings : A couple of tickets for "The Deadly Shroud." You know, the new murder mystery at Wyndhams.

ヘイスティングス:「The Deadly Shroud」のチケット二枚だ。あの、ウィンダムでの最新の殺人ミステリー劇だ。

Poirot : Oh my dear Hastings, that is most kind, but how could a mere stage play
be compared to the real life cases of Hercule Poirt?

ポワロ:ああ、親愛なるヘイスティングス、それは大変ご親切に。しかしエルキュール・ポワロの現実の事件と、ただの舞台劇をどうやって比べればいいんだい?

Hastings : Tell you what, I'll wager you ten quid you can't solve "The Deadly Shroud." You on ?
ヘイスティングス:じゃあこうしよう、10ポンド賭けよう、もし君が「The Deadly Shroud」を解決できなかったら。乗るかい?

Poirot : Well, the money, of course, is of no importance, but I find your challenge irresistible. I accept.

ポワロ:うむ、お金は、もちろん、重要ではない。しかし君の挑戦に文句は言えない。受けましょう。

MEMO

malady 病気

wager 賭ける

irresistible 抵抗できない、文句の言えない

名探偵ポワロ (4) 24羽の黒つぐみ Four and twenty blackbirds (2-2)

f:id:sunarin1:20160518182053j:plain

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

ポワロ、部屋でクリケットのラジオを聴くヘイスティングを見て

Poirot : Cricket. The English enigma. I know not of any other game where even the players are unsure of the rules. 

ポワロ:クリケット。イギリスのだ。選手たちでさえルールをよく知らないゲームは他にはないよ。

歯科医院に行くのを嫌がっていたポアロが歯医者とディナーに?

Poirot : …I have a dinner engagement with my dentist.

ポワロ:…私の歯科医とディナーの約束があるのだ。

Hastings : Your dentist? That's positively morbid. 

ヘイスティングス:君の歯科医と?それは本当に憂鬱だな。

Miss Lemon : But you're always trying to avoid him.

ミス・レモン:でも歯医者をいつも避けていたのに。

Poirot : Not at all, off duty he's quite charming. Besides, he likes to see the end product at work.

ポワロ:そんなことはない、彼は仕事がオフの時はとてもチャーミングだ。他にも彼は(歯の治療の)仕上がりを見たがっている。

MEMO

enigma 謎

morbid 憂鬱な

 

名探偵ポワロ (4) 24羽の黒つぐみ Four and twenty blackbirds (1-2)

f:id:sunarin1:20160614192902j:plain

24羽の黒ツグミ、パイの中で焼き込められた♪

あらすじ

ロンドンのお気に入りのレストランで食事をしている時、ポワロは、ある馴染みの客の話を聞いて興味をそそられる。その客は、いつも水曜日と土曜日にそのレストランで食事をするのだが、ある時、月曜日に突然現れて、普段は手をつけないようなメニューを注文したというのだ。翌日、新聞にその男が死んだという記事が載る。ポワロは、転落死とされているその事件に疑問を抱き、調査を始める。(アマゾンビデオより)

タイトルはマザー・グースより

タイトルの 『Four and twenty blackbirds(24羽の黒つぐみ)』は、マザー・グースの1編である 『Sing a song of sixpence(6ペンスの唄)』の一節からとられています。また、同作家のミス・マープル『A Pocket Full of Rye(ポケットにライ麦を)』このタイトルも6ペンスの唄から引用されています。

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

ポワロ、得意料理をヘイスティングスにふるまう

Poirot : Are you sitting down, Hasitings?

ポワロ:席に着いてるかい、ヘイスティングス

Hastings : Yes. yes, I am.

ヘイスティングス:ああ、座ってるよ。

Poirot : Very good. I'm coming!

ポワロ:よろしい、今行くよ。

Hastings : Fine. fine.

ヘイスティングス:わかったよ。

Poirot : Hastings. This is a recipe of my mother. Rabbit...cooked in the style of Liege.

ポワロ:ヘイスティングス。これは母のレシピだ。うさぎ肉…リエージュ風料理だ。

Hasitings : I bet it's better than rabbit cooked in the style of Hastings.

ヘイスティングスきっとヘイスティングス風うさぎ料理より美味しいに違いない

Poirot : Yes. That is quite funny, Hasitings. However, when you are grown up, you will find that food is not really the subject suitable for the humour. ...There.

ポワロ:ああ、とても面白いね、ヘイスティングス。しかしながら、大人になったら、食事はユーモアの題材にふさわしくないと理解するだろう…さあどうぞ。

Hastings : It smells delicious.

ヘイスティングス:おいしそうな匂いだ。

Poirot : Bon. The aroma is the most important ingredient in any dish...No, no no Hastings. Use your spoon. That is the Liege way. To use the knife is an insult to the cook. It implies that the meat is tough.

ポワロ:よろしい。匂いはどんな料理でも最も重要な材料だ…ノー、ノー、ヘイスティングス。スプーンを使いたまえ。それがリエージュ式だよ。ナイフを使うのはこの料理に対する侮辱だ。それは肉が硬いことを意味する

Hastings : You're not eating?

ヘイスティングス:君は食べないのかい?

Poirot : Unfortunately no. My left bicuspid is still causing me considerable discomfort.

ポワロ:ああ、不運なことに。左の歯(両尖歯) がまだかなり不快なんだ。

Hastings : Oh.

ヘイスティングス:おや。

Poirot : Is it good, Hastings? Please, do not be stinting with your praise.

ポワロ:美味しいかい、ヘイスティングス?さあ、惜しみなく褒めてくれたまえ。

Hastings : It's wonderful...It tastes more... well, rabbity than any rabbit I've ever tasted.

ヘイスティングス:素晴らしい…ええと…今まで食べたどのうさぎ料理よりうさぎらしい味だ。

Poirot : That is the juniper berries. Shall I give you some more sauce?

ポワロ:ねずの実のソースだ。もっとソースをかけるかい?

Hastings : No, no. Not yet...What was in that envelope they found in old Gascoigne's pocket?

ヘイスティングス:いや、いや。まだいい…。年寄りのガスコイン氏のポケットから見つかった手紙は何かわかったかい?

Poirot : Ah... "You are invited to a preview of contemporary European paintings recently acquired by the Farringdon Gallery." This may be both informative and pleasurable, Hastings. And it's tomorrow.


ポワロ:ああ…『あなたはファーリンドンギャラリーが最近入手した現代ヨーロッパ絵画展に招待されました』これは有益愉快なことだろう、ヘイスティングス。そして明日だ。

Hastings : Hmm.

ヘイスティングス:ふむ。

MEMO

◆I bet~ ~は確かだ、~は間違いない

◆stint 出し惜しむ

◆It is an insult to~ それは~に対する侮辱だ。

名探偵ポワロ (3) ジョニー・ウェイバリー誘拐事件 The Adventure of Johnnie Waverly (3-3)

 f:id:sunarin1:20160607163700j:plain

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

ドライブ中、陽気に歌うポワロとヘイステイングス

♪ Two men went to mow, went to mow a meadow

♪ Two men, one man and his dog, went to mow a meadow 

♪ 3 men went to mow, went to mow a meadow, went to mow a meadow

♪ 3 men, 2men, one men and his dog, went to mow a meadow...♪

(車、故障して止まる) 

ふたりの男が草を刈ってたよ、牧場の草を刈ってたよ~♪ 

陽気なこの歌は、伝統的な子供向けの歌(カウンティング・ソング)です。歌うにつれてどんどん人や動物が増えていきますね。こちらにの動画で曲が聞けます→ BBC School Radio-Counting songs : One man went to mow 

ラスト・ポワロの推理、列車で帰ろうとするポワロを車で見送るヘイスティングス

Hastings : Won't you let me into the secret? How did you know?

ヘイスティングス秘密を明かしてくれないか?どうしてわかったんだい?

Poirot : It was obvious. Who sends away the servants? Can write the notes? Who can drug his wife?  Who can put the hands of the clock forward? Who can establish an alibi for his faithful retainer, Tredwell? …Tredwell has never liked his mistress, Mrs. Waverly. But he is devoted to his master.

ポワロ:明白だよ。誰が召使いを追いやったか?メモを書くことができたか?誰が妻に薬を盛ることができたか?誰が時計の針を前に進めることができた?誰が忠実な召使いトレッドウェルのためにアリバイをつくったか?…トレッドウェルは女主人のウェイバリー夫人は好きではなかったようだが主人には献身的だった。

Poirot : There were 3 of them in it... Waverly, Tredwell, and his niece, Jessie Withers, who gets herself sacked as noisily as possible so that she can arrange the decoy, Logers, pick up the boy from the mausoleum, and drive him away to the little cottage in the woods. It was apparent, Hastings. I shall see you in London.

ポワロ:3人が犯人だ…ウェイバリー氏、トレッドウェル、そして彼の姪のジェシー・ウィザー、彼女はできる限り騒いで首になったので、ロジャーというおとりを用意することができ、屋敷から少年を連れ出せたのだ。そして車で彼を森の中の小さいコテージに連れ去った。明白だよ、ヘイスティングス。ではロンドンで会おう。

Hastings : Why won't you let me drive you?

ヘイスティングス:車に乗っていかないのかい?

Poirot : Hastings, the train has one advantage over the car. It does not often run out of coal!

ポワロ:ヘイスティングス、列車は車より一つ有利な点がある。それは頻繁に燃料(石炭)切れにならないことだよ!

MEMO

◆let a person into a [the] secret  人に秘密を明かす

◆the hands of the clock  時計の針

名探偵ポワロ (3) ジョニー・ウェイバリー誘拐事件 The Adventure of Johnnie Waverly (2-3)

f:id:sunarin1:20160518182138j:plain

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳)

Your great heart will be your downfall...

Poirot : Mon Dieu! Wonders will never stop! The Chief Inspector Japp....A change of heart, Chief Inspector?

ポワロ:おやまあ!驚きが続きますね!ジャップ警部…気が変わりましたか?

Japp : Yes, you might say that, Mr. Poirot. Or you might say I don't want to see some poor amateur get himself in a fix. 

ジャップ:ええ、そう言っていいでしょう、ポワロさん。あるいは素人が苦労しているのを見たくないと言っていいかもしれませんね。

Poirot : Ah, you are too kind, Chief Inspector Japp. Your great heart will be your downfall.

ポワロ:おや、親切すぎます、ジャップ警部。あなたの偉大な心が命取り(身を亡ぼす)になりますよ。

Japp : True. True. Now then, where's the simple country squire?

ジャップ:その通り、その通りだ。さて、だたの田舎の大地主はどこだ?

Poirot : You'll find him in the hall, sacking all his staff.

ポワロ:広間にいるよ、スタッフ全員を首にしようとしている。

Japp : Oh dear. Got out of bed the wrong side, did he?

ジャップ:おやまあ。機嫌が悪いのかな

Poirot : Perhaps. Bon chance! 

ポワロ:たぶん。ご健闘を!

MEMO

◆get oneself into(in) a fix 苦労している、困ったことになる

◆get up on the wrong side of the bed  朝から一日中機嫌が悪い 【由来】 ベッドの左側から起きると一日中縁起が悪いとされたことから