読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語でドラマが見たい!

I want to watch TV dramas and Movies in English!

5 Key Words of Hercule Poirot

f:id:sunarin1:20160504191220j:plain

ポワロの特徴を表す5つのキーワードについて

 (引用部分はHercule Poirot From Wikipedia 、5は wikibook より)

1. Belgian

During World War I, Poirot left Belgium for England as a refugee (although he returned a few times).…After the war Poirot became a private detective and began undertaking civilian cases.
第一次世界大戦の間、ポワロは難民としてベルギーを離れイングランドに来ました。戦後、ポワロは私立探偵になって民間人の事件を請け負い始めました。

2. Mustache

He was hardly more than five feet four inches but carried himself with great dignity. His head was exactly the shape of an egg, and he always perched it a little on one side. His mustache was very stiff and military.
彼は5フィート4インチ(162.5cm)もなかったが、とても威厳のある身のこなしをしていた。彼の頭は完全に卵の形で、彼はいつも頭を少し横に置いていた(傾けていた)。彼の口ひげはとてもぴんと張っていて軍人のようだった。 
 
3. The little grey cells
Poirot operates as a fairly conventional, clue-based and logical detective; reflected in his vocabulary by two common phrases: his use of "the little grey cells" and "order and method".

ポワロはかなり従来型の、手がかりを元にした論理的な探偵だ; 彼の語彙の中の二つの共通した決まり文句によって反映されている; 彼の使う 小さい灰色の脳細胞』と『秩序と方法』に。

4. Neatness
"The neatness of his attire was almost incredible. I believe a speck of dust would have caused him more pain than a bullet wound." 
彼のきちんとした服装はほとんど信じられないものだった。私は一片のほこりが銃弾の傷よりも彼に痛みをもたらすだろうと考えている。
 
5. Self-confidence
Yet, the self-confidence of Hercule Poirot sometimes turns into arrogance and conceit. Poirot shows this by saying of himself, “I am not a middle man. I am a top man” or “I am a detective” in such a manner as if he was talking about a person from an upper social class (Death on the Nile 141).
 エルキュール・ポアロ自信は、時に傲慢や自惚れになる。ポワロはこれを自身の発言で示している、『私は真ん中の男ではない、トップの男だ』あるいは『私は探偵だ』と、まるで上流階級の人物について話しているかのような態度で。(ナイルに死す141より)