読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語でドラマが見たい!

I want to watch TV dramas and Movies in English!

名探偵ポアロ (1) コックを捜せ The Adventure of the Clapham Cook (3-4)

(1) コックを捜せ (2-4)  の続きです。

Some of my favorite scenes(英語のセリフ→日本語訳) 

怪しい紳士クロチェット氏と料理人イライザ・ダンの会話

Mr. Crotchet : Now, Miss Dunn, to business. I do have to tell you that the house is in Keswick.

クロチェット:では、ミス・ダン、ビジネスの話です。ケズィックにあるその家の事をあなたに話さなければなりません。

Ms.Dunn : Ah, that's just over by Acton, isn't it, sir?

イライザ・ダン:ええと、それはアクトンを越えたところにあるのですよね?

Mr. Crotchet : No, Miss Dunn, it's in the north of England, near Carlisle.

クロチェット:いいえ、ミス・ダン、イングランドの北にあります、カーライルの近くの。

Ms.Dunn : Oh, my good God.

イライザ・ダン:まあ、なんてことでしょう。

Mr. Crotchet : But before we confront that particular difficulty, there is one other stipulation that we should get out of the way.

クロチェット:しかし我々はある困難に直面しています、片づけなければならないひとつの条件があります。

Ms.Dunn : Whatever's that, sir?

イライザ・ダン:それはどのようなことですか?

Mr. Crotchet : Well, it's of no importance as it doesn't apply in this case, thank heaven. It's just a stipulation that you should not be in domestic service.

クロチェット:このケースには当てはまらないので重要ではありません、ああよかった。条件というのはあなたが奉公人であってはならないということです。

Ms.Dunn : Oh.

イライザ・ダン:まあ。

Mr. Crotchet : Whatever's the matter, Miss Dunn?

クロチェット:どうしましたか、ダンさん?

Ms.Dunn : I am a cook, sir. Didn't they tell you at the house?

イライザ・ダン:私は料理人です。あの家で彼らは話しませんでしたか?

Mr. Crotchet : My dear Miss Dunn, I had no idea. This is very unfortunate.

クロチェット:おやまあ、ダンさん、考えもしませんでした。これはとても不幸なことです。

Ms.Dunn : Will I have to lose the money, sir? And the house, sir? Sounds ever so nice, even if it is a bit out of the way.

イライザ・ダン:お金を失わなければならないのですか?そして家も?とてもいい話に思えたのに、少しへんぴな所にあっても。

Mr. Crotchet : I believe I have it. We lawyers always know a thing or two. The way out here is for you to have left your employment before we met.

クロチェット:大丈夫です。我々弁護士はいつも一つや二つやり方があることを知っています。これを打開する方法は、あなたが仕事を辞めていることです、私と会う前に。

Ms.Dunn : But we have met, sir. I mean, and I haven't?

イライザ・ダン:でも私たちは会っています、つまり、辞めてませんよ。

Mr. Crotchet : Haven't you? (You have left your employment before we met, haven't you?)

クロチェット:辞めましたよね

Ms.Dunn : No.

イライザ・ダン:いいえ。

Mr. Crotchet : Haven't you, Miss Dunn?

クロチェット:辞めましたよね、ダンさん?

Ms.Dunn : How, I ...

ダン:どうやって、私… (はっと気づく)

Mr. Crotchet : Oh, I see. Yes.

クロチェット:ええ、わかりました。イエスですね。

Mr. Crotchet : You left your employment this morning, did you not? Before we met.

クロチェット:あなたは今朝仕事を辞めましたよね?私たちが会う前に。

Ms.Dunn : Yes. I remember now. I did, as a matter of fact.

イライザ・ダン:はい。今思い出しました。辞めました、実のところ。

Mr. Crotchet : There! Now, it is imperative that you take possession of the house by noon tomorrow.

クロチェット:そうです!では、明日の午後までにその家を所有しなければなりません。

MEMO

stipulation 条件

get out of the way 片づける、どける

imperative ぜひともしなければならない

take possession of~ ~を手に入れる、~を所有する

out of the way  へんぴなところ、人里離れたところに

 

(1) コックを捜せ (4-4) に続きます。